金利というものを理解する

銀行でお金を借りる際の基礎知識としてまず挙げられるのが、金利というものを十分に理解しておくことです。金利を理解せずにお金を借りることによって多重債務のような問題が生じてくるといっても過言ではありません。それでは金利とは何か、簡単に説明します。金利とはお金を借りることによって生じるいわばレンタル料と理解すればいいでしょう。100万円を借りたことによって10万円のレンタル料が発生した場合、金利は10パーセントと考えればいいわけです。なお、この金利ですが年利、月利、日利という言い方をすることもあります。一年借りていた場合に発生するのが年利、一日借りていたことに発生するのが日利です。ですからお金を借りる際に、その場合の金利とはいったい年利なのか月利なのか日利なのかをはっきりさせておかなければなりません。これをはっきりさせずにお金を借りると後々トラブルのもとになることがあるからです。なお、一般的に銀行で金利といえば年利を指します。銀行でお金を借りる際の基礎知識のふたつ目としては、単利と複利の違いを理解しておきたいものです。単利とは借りた金額に対してかかる利息、それとは違い福利とは借りたお金に利息を足したものに対してかかる利息です。同じ利息であっても単利と複利では大きな違いがありますから、このことも銀行でお金を借りる際の基礎知識としてしっかりと身につけておきたいものです。お金を借りる際にはここで述べた金利というものをしっかりと理解し、納得したうえで借りることが最も大切なことです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク