貸している側の利益

銀行でお金を借りる際の基礎知識としてまず、金利について理解しておく必要があります。金利についてしっかり勉強しておけば、お金を借りるということは全く怖がる必要がなくなります。金利とは、大雑把に言うと、いわば、お金のレンタル料です。お金を借りる代わりにお金を払う事になります。また、金利のほかにも利子、利率、年利、利息など色々聞きますが、難しいように見えて実はこれらは全て同じようなものです。何故このような金利というシステムがあるのかというと、これは貸してる側の利益となるからです。この金利というシステムがないと、お金を貸す銀行側が全く得をしなくなってしまいます。これが金利がある理由となります。銀行でお金を借りる際の基礎知識としてこれは絶対覚えておくべき事です。次に大事な事として、お金を返す、返済期間、返済方式を確認しておきましょう。返済期間は、先にお金を貸す事ができる信用できる人なのか、と色々と確認をされます。その時のために、しっかりと返せる計画を立てておかなければなりません。また、担保と言うものを聞きます。これは、もし返済期間をすぎても、返済できなかった場合、代わりに差し出す事になるものです。消費者金融ではこの担保を求める所は殆どありません。最後に銀行でお金を借りる際の基礎知識として、総量規制というものがあります。これは、年収の三分の一を超えるお金の借り入れができないという物です。これらをしっかり覚えれば、お金を借りる事はそこまで難しい事ではないとわかるはずです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク